カクテルと時々サバゲーと

自宅での酒飲み日記(カクテル作りなど)をメインに時々その他趣味の話のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

日本酒 榮一 純米酒(無濾過)をのんでみた

気の変わらないうちに更新したいと思います。ハスラーです。

今回は岐阜、各務原の林本店さんの榮一 純米酒(無濾過)のレビューです。
DSC002642.jpg

使用米 五百万石

精米歩合 60%

値段 1300円 (イベント価格で1000円で購入)

結構変わったラインナップが多い蔵ですが、この榮一は林本店さんの中ではもっともスタンダートだと思います。

味に関してですが、何というか一口目は凄く甘いんですけどね。
のめばのむほど苦味が強くなるんですよね。これ。

味を見るためにしばらく様子を見ていましたが、結局味は開かず。


五百万石は溶けやすく、味が出やすい反面苦味が出やすいという話を聞いた事があるのと、新酒と書いてあるので絞ってから日が立ちすぎた為味がダレた可能性も。

とまあ美味しいのか微妙なのか良く分からない日本酒でしたね。
機会があればまた飲んでみたいものです。


スポンサーサイト
別窓 | 日本酒 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

日本酒 御代桜 純米吟醸をのんでみた

どうも気分がのらなくて書かずじまいでした。ハスラーです。

今回は以前のんだ御代桜 純米吟醸のレビューです。
DSC002635.jpg
使用米 あさひの夢

精米歩合 55%

値段 1300円

津島屋のブランドで有名な御代桜です。

東濃の方は御代桜、三千櫻、三千盛など結構似た名前の蔵が不思議とありますw

この純米吟醸はどちらかと言えば地元向けに出荷されているようで、値段も抑えられているのが特徴。

かと言って味は妥協されておらず、口に含んだ瞬間猛烈な辛口が広がるのですが、その後は米の柔らかい旨みが広がります。

淡麗辛口は山ほどありますが、このタイプは今の所始めてで、御代桜さんの杜氏さんが高い技量を持っているのは疑いようがありません。

次も買おうと久しぶりに思える日本酒だったと思いますね。
別窓 | 日本酒 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

日本酒 日本泉 木槽絞り 純米吟醸をのんでみた

レビューをする予定の日本酒が結構溜まってますわ。ハスラーです。

今回は岐阜の日本泉さん、木槽絞り 純米吟醸の紹介です。
DSC002632.jpg
使用米 ひだほまれ

精米歩合60%

値段 1600円

所在地は、JR岐阜駅のすぐ南の、ビルの地下で空調管理万全ゆえに年間を通しての仕込みが可能になり、年中搾りたての生酒を市場に出しています。

酵母は18号酵母もしくはG酵母を使用しているようですが、これは前者の物です。

味の方は18号酵母特有の渋さがあり、全体的に綺麗なのか渋いのか良く分からないと言う印象です。

香りは良いんですが、まあ飲み疲れるのは確か。
吟醸も試飲しましたが、醸造アルコールが入ってる分吟醸の方が飲みやすかったです。

G酵母仕様も飲んで見たいですね。正直な所評価は難しいです。
別窓 | 日本酒 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

日本酒 三千櫻 地酒(普通酒)をのんでみた

おそらく始めての普通酒のレビューです。ハスラーです。

アル添酒は日本酒じゃないとお思いの方はここからは読まない方が賢明でしょう。


今回は岐阜、中津川の三千櫻酒造さん、三千櫻 地酒(普通酒)の紹介です。

使用米 五百万米(麹米) 掛米 地元米

精米歩合70%

値段 1950円  (一升)

DSC_2730.jpg

味は一言で言うと辛口の「ザ定番晩酌酒」

飲み飽きしなくて心地よく、嫌味のない味で冷でも燗でもキレというかクリアな味を楽しめます。

正直普通酒と思えないぐらいの美味しさで、普通酒特有の臭みは皆無(燗の場合ほのかにあり)です。


普通酒でも美味しい物は美味しいと言うのを教えてくれた日本酒だと思いますね。
別窓 | 日本酒 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

日本酒 東光 純米吟醸をのんでみた

インフルエンザも良くなってきてそろそろ酒がのみたくなってきた所です。ハスラーです。

今回は山形の小嶋総本店さん、東光 純米吟醸の紹介です。
DSC02627.jpg


使用米 出羽燦々

精米歩合50%

値段 1300円

米、酵母とすべてにおいて山形の物を使用しているのを売りにしており、その為か米もマイナーな物です。

全体的な味は淡麗辛口、ただ瓶詰めされたのが9月(飲んだのは1月)と結構古いのも手伝って結構熟しておりラムネを思わせる甘さも感じました。

ただ古くともちゃんと飲めると言うのはこの日本酒の完成度の高さが伺えます。

値段もスペックからすると破格の値段ですし、淡麗辛口が好きな人には良い日本酒だと思いますよ。
別窓 | 日本酒 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| カクテルと時々サバゲーと | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。